FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンクバッグ変更しました。

タンクバッグは格好悪いから絶対付けないって人もいるみたいですが、私は常に付けて来たのでそれが標準装備になってるんですよ。
アドベンチャーにはGIVIのST602と言うワンタッチ方式の容量4L程の小さなタンクバッグを付けてたんです。
こんなの↓

パニアケースあるし小さいので良いかと思ってたんですが、なんか物足りなくなって来まして容量UPしたいなぁと思い始めてました。
フルパニアなのにまだ足りないの?と言われそうですが、だってこういうの好きなんだもーん(*´∀`)♪
そんな時、同メーカーのSX320と言うアドベンチャーに似合うのが発売され、価格的にもお財布に優しいのでどんなもんかなと見てみると、なんとアフリカツイン専用と書いてありました。
こんなの感じでタンクのカーブに合うデザイン。他のメーカーでもありますが日本で手に入れやすいのはやはりGIVIかなと思います。
しかも上が透明でないと嫌だし。

んで、「えっなんでアフリカツインだけ?ゆるさーん」と研究開始!
イージーロックを解除するレバーが、通常は右側にあるのですが、アフリカツインは前方に変更されているんですよ、今までの様に右側に付くと、タンクバッグの構造上やりにくいので前方に移動したのか、それともオフロード走行で木の枝など当たって外れるのを防止する為か分かりませんが、その結果現状のバイク側に付くイージーロックを90度右に回転させなければならないので、アフリカツイン以外には付かないと言う訳です。
まぁ知らずに付けたら90度回転して付くのでお間抜けな状態になってしまうんですが、新たに専用のアタッチを出せば良いのでは?と思うんですがねぇ。
イージーロックを各車毎にもう一つ作るのもコストが合わないのかな?でもこの形はアドベンチャータイプに乗ってる人しか付けないからあと2、3種類増やせばもっと売れるはず!
しかし無いものはしょうがないので何とかして見よう。
今取り付けているイージーロックを外して90度回転、ネジ穴の位置を確認!
新たに穴あければ付くと確信して、何時ものユーロでも密林でも無く今回は上ビックwで購入しました。一番安かったんです。
タンクバッグ到着後、現状で取り付けて見ると見事に90度ずれてます、間抜けだな。
さて、イージーロックの改造開始!
新たな穴の位置をマーキングして削ります。
他にも位置決めのための三角マークが邪魔なのでそれも削り取ります。
結果、付きました!
やった!違和感無いし邪魔にならない大きさだ!
何度も付けたり外したりして確認!
タンクバッグは問題無いのですが、
あっ・・イージーロックがガソリンの蓋に少し被ってる。
このままでは開かない(O_O)
イージーロックを再度外して少し削ります。
良し、本当に完了!
イージーロックとタンクバッグを付けて再確認、良いねコレ!春が楽しみだ。
ちなみに
この作業はマイナス10度の車庫の中でやってるので写真撮る余裕が無かったので画像もありません。
本当なら暖かくなってからやれば良いんですが、待ちきれなくてやってしまいました。
なのでタンクバッグのレビューはもう少し後になりまーす。
ではでは
2018.4.21
レビューです。
取り付けて走りましたが問題なしです。
スタンディングで少し腹に当たりますが、気になる程度では無いです。
風当たりも良く、って言うか風は更に当たらなくなりました、夏場は辛いかな?
シールド拭きやデジイチなどなんでもホイホイ入れることが出来るので嬉しいですね。
又なんか気になる事があれば書こうと思います。

夏に向けて

北海道の短い夏と言えども、暑いものは暑い!
ましてや37度なんて時は乗る気も起きなかったです。
装備的には当然冬は走らないので極寒装備は無い、夏は短いので極暑装備も無いと言う感じ。
雪は降らねどマイナス気温でも走ってるいわゆる内地ライダーの方が寒い中走ってますよね!
意外と北海道ライダーは寒いと走らない、まぁ雪で走れないのですが・・・
寒い話になりましたが、夏に備えて、と言うことで、夏用ジャケット買っちゃったお話です。
僕は結構REVITがお気に入りになってまして、それも日本では販売していない製品が欲しくなる困った奴なんです。
で、何時ものユーロネットダイレクトさんで購入!
ジャン!

REVIT トルネード2
いやー、このメッシュ具合がたまりません。
胸、背中、腕と穴空いてますよ!

首元はこんなんで

こうも出来る

襟元調整もOK

なんとインナーも付いてるし

インナー入れて来てみたら結構暖かい!
これあれば他はいらないのでは?
肝心のメッシュ具合と見ると、スゲーよ透けてるよコレ(≧∀≦)
プロテクター類は肩と肘に、おおっメッシュプロテクターだ!風通りそうで良いな!
背中には別売りのプロテクターがあり、それも買いました。


プロテクターにもサイズが有り
ジャケットはMでプロテクターサイズ04指定でした。

REVIT製品はチョット重いけど質が良いんですよ。
トラウザーは以前からトルネード2だったのでこれで上下トルネード2になりました。
夏の楽しみが一つ増えました。
ではでは

ショートツー 美幌

寒くなって来ました。
今年の走り納めは近い!
という事で、一気に走って来ました。
もう、脇目も振らずに、写真も美幌峠で一枚のみ  (๑˃̵ᴗ˂̵)エヘヘ

この青空に騙されては行けませんよ!
12度ですよ、もう10月ですからね。
ホント短くてすみません(╹◡╹)

稚内キャンツー

計画していた稚内キャンプツーリングに行ってきました。
中々天気に恵まれず困りましたが、やっと2日間の晴れ予報がでましたので出発です。
前日までに荷物の積載と車体の点検を済ませ、エンジン始動!
リヤサスの調整をライダープラス荷物にして発進しましたが、100m程でエラー表示が出てるのに気づきました。
何だろう?ABSかな?あれれ?
えっトラコン?
止まって取説を確認、アレコレ確認しましたが、結果サス調整をしようとしてあちこちいじってる時に、うっかりトラコンをOFFにしてしまったんですねσ(^_^;)
うん、これからは不慣れな機能使う時は確認してからにしよう。
少し時間を無駄にしましたが、急ぐ旅でもないしね、勉強させて頂きました。
気を取り直して再出発!
目的地は稚内の宗谷ふれあい公園キャンプ場
距離450キロ
所要時間7時間ちょっと
オール下道!つーかそれしか選択肢がない!
と言う事でガンガン走ります。
38号狩勝峠は晴れて気持ち良い、15℃。
途中6合目辺りにパトカーが!レーパトだ、取り締まりか?と思いましたが、レーダーに反応無し、見るとトランク開けて工具を手に何やらやってました。故障か?
普段いないとこにいるとビックリするじゃないか。それらしく止まってるし。
さて、富良野は晴れ、23℃。
芦別市を抜け赤平~滝川へ、25℃快調です。
雨竜の道の駅で休憩。
トライクが二台バイク用の駐車場に!
お前らバイクじゃねーだろう、車だよ!!
いい歳こいたおっさんが、バイク6台分も場所取ってタバコ吸ってます。
更に近づくと衝撃の事実が!
あれれ、駐めるところがない!!
ムカつくので文句を言ったら、は?見たいな顔をされたので、あんたら二台のせいで俺のバイクが入れない、そもそもそれは自動車だよ、車用は空いてるからそこへ移動しろ、安全の為にヘルメットを被れ、と最後は余計でしたが他のライダーも良く思ってなかったらしく、退くべきだと一緒になって言ってくれました。
バイク対トライク戦争勃発かと思ったら、なんか文句言ってましたが出て行きました。
休憩中他のライダーと情報交換していた所、深川から留萌付近まで無料高速があるらしく乗って見ることにしました。全然知らなかった。
ハズカシ
高速ですがまさしく高速の名の通りでした。
この辺の人は飛ばすねー。
あっという間に留萌に到着、有名な蛇の目寿司で昼食と思いましたが、時間的にまだ早いのでやめました。
海岸線はレンタカーや地元以外のナンバーも多く、車の進みが遅かったので、12時に羽幌のオロロン食堂に到着、もう人が一杯で入れません、待つのも何だし諦めました。
甘えび丼食べたかった。
予定通りに行きませんなぁ。
しょうがないからセコマでおにぎりを買い、何処かで食べよう。
そのまま走り、サロベツ原野を進みます、気温21℃、いや凄い景色!超真っ直ぐで天気は良いし、風力発電の風車が凄い、でかい、沢山ある!利尻富士も彼方に見える、サイコーサイコーです。
適当な所でバイクを駐め、さっき買ったおにぎりで昼食です。
これだけの風車が回ってると壮観ですね。

サロベツ原野でパチリ


利尻富士も見えましたー

感動しながら昼食をすませ出発
午後3時に宗谷ふれあい公園キャンプ場に無事到着です。
最初ナビにとんでもない所へ誘導されまして、変な獣道で入れませんし、最終的に池の中を通れと!思わず笑っちゃいました。
この純正ナビは人を騙しますね。
入場料500円を払い指定された場所へ
ここのキャンプ場はキチンと区画整理されていて驚きました。

高知から来てた隣のライダーに挨拶しテントを張りました。
今年買ったドッペルギャンガーのライダーズタンデムテントというワンタッチテントをたてます。
こんな感じで前室が広いのです。

午後4時を過ぎるとバイクがどんどん来ました、この後は温泉へ行ってから夕食を食べ、星空を見ながらビールを飲み早めに寝ました。
う~ん、幸せ過ぎる。
次の日は朝5時起床でゆっくりと撤収し、6時にキャンプ場を出ました。
ちょっと早めに出発したのは、近くにある「白い貝殻の道」へ行きたかったのです。
それがこちら
朝早いので真ん中にバイクを置いて焦らずに撮れます。周りには鹿が一杯います。

白い物は帆立貝の殻です。
この様に敷いてます。

こんな感じで観光地化して来てるので混む前に来たかったのです。

この辺はやたら風車が多い。

両隣は牧草地です、刈り取ってるのでバイクで走ると最高なのですが入ってはいけません!
良く入ってる人を見かけますが、防疫上駄目なんです、家畜が病気になると殺処分しなければならなくなり、牧場も大被害です。
どうか入らないで下さいね。m(_ _)m
ここで
牧草地入り口に停めて写真を撮ろうとしたら、リアが滑ってアクセルターン状態になりツルッと転けました(^_^;)
こういうのはトラコン効かないのか?
ゆっくり空転するのには反応しない?
やれやれと起こそうとしましたが重くて無理!
朝早いのが災いし、しばらく待てど人は来ない。
周りを見ると、なんか鹿がやたら増えてるし、みんなこっち見てる。
近寄ってくるし、もーこっち来んなよ~(ー ー;)
5m位、近っ!囲まれる!!ツノが怖いよ。
取り敢えず鹿は無視して、場所が傾斜地なので起こしやすくする為に、荷物を降ろし左のパニア以外を外してバイクを180度回転させて、オリャーーー、下は芝地なのですがブーツのグリップが良くて、滑る事なくなんとか起こせました。
鹿はエンジンかけるとパッといなくなりました( ̄▽ ̄)
こういう悪路に行く事増えたから、次はブロックタイヤだな!
気を取り直して次へ
ついに来ました、日本最北端!


来て分かりましたが、バイク進入禁止じゃん!
良く見るあのモニュメントと一緒の写真は無理だな、そーか、皆んな人がいない時にコッソリバイク上げて撮ったんだな。
この後観光バスが一杯来たので渋滞する前に退散!
R238からエサヌカ線へ

特に何も無いな、何も無いのが良いんだろう。
バイクが多いですね、北海道らしい道でした。
その後紋別からR273~R39で層雲峡、上士幌を抜け、到着!
無事に約1000㎞走りました。
最近すれ違うバイクが少ないなと思ってましたが、稚内周辺は多いですね、ヤエーする手を下ろす暇が無いくらいの時もあり嬉しかったです。
また行きたいなぁ。

タイヤ交換

ちょっと前からなーんか走りづらい感じ、リアが減ってるのは知ってるけど、今まで感じたことの無い違和感がありました。
フロントタイヤを見るとなんか変磨耗?
タイヤの真ん中が盛り上がった感じになってるんです。


今までこんな減り方になったこと無いから、このタイヤか又はアドベンの特性か?
と言うわけで、走行距離6,000キロ、まだ溝はありましたが交換する事にしました。
前のZX14Rは3,000キロでヤバかったから、それに比べると倍も走るんだなぁ。
ちなみにリアタイヤはこんな感じの4輪タイヤ状態。

知り合いが「ホイール持って来れば交換してあげるよ」、と言う言葉に甘えて早速外します。
カーポートの鉄骨にタイダウンベルトを取り付けてフロントを持ち上げました。

前後輪を車に積みレッツゴー!
NEWタイヤは
BATTLAX ADVENTURE A40です。
特に目新しいものでは無くすいません、
本当はピレリのスコーピオントレイル2
にしたかったんですが、在庫無し(><)


取り付け完了です。
慣らししなくちゃo(`ω´ )o
プロフィール

じゃがまる

Author:じゃがまる
北国バイク親父が好き勝手に書こうと思います。

BMW R1200GS アドベンチャーに乗ってます。
宜しくお願いします。( ̄Д ̄)ノ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。